診療事例09全歯インプラント治療例

診療事例09全歯インプラント治療例

男性:総入れ歯状態から全ての歯をインプラント治療で再現した治療例です。

  • 治療前
    はじめこの方はインプラントは怖い感じがするので避けたいと、さらにできるだけ抜かず、根だけでも残したいとのご希望で、最初は入れ歯の予定で 治療を進めていました。

  • しかし 治療の中でお考えが変われ、インプラントについての再度質問があり、詳しくそれぞれの利点、欠点を含めご説明の結果、最終的に取り外しの インプラントすることを 選択されました。 そのため 残っている虫歯になった歯根は 抜歯させていただきました。

  • 最初の下顎の状態です。虫歯になった根っこだけが 残っています。

  • インプラント を上顎に10本入れました。この上にセラミック冠をかぶせていきます。

  • 下顎も同様に インプラントしました。

  • 治療後のレントゲンです。上顎の奥歯の部分は 骨が乏しかったため 左右とも サイナスリフトという方法を用い、インプラントするための骨を造りました。 

  • 上顎のインプラントの上に セラミッククラウンを入れたところです。

  • 下顎のインプラントの上に セラミッククラウンを入れました。審美性にも優れています。

  • インプラントにより 咬み合わせが完成し、取り外しもなく、しっかりと力強く噛めるようになられました。

  • 治療後
    自然な口元になり 若々しいお顔立ちになられました。現在定期的なメインテナンスに来ていただいています。 決断されるまでは迷われましたが、「インプラント治療を選んで本当によかった」と喜びの感想を言っていただいたこの方は その後、入れ歯の人生とは全く違った歩みをされています。インプラント治療が人の毎日の生活や行動さえ変えてしまう事例だと思います。 インプラント治療を通じ、歯科医師として 患者様の人生と深く関わり、向き合う責任の大きさを感じさせていただきました。

写真のようにインプラント治療によって、見た目だけではなく、何でも食べれるようになるという機能面での向上が図れます。この方にはその後も心からご満足頂いています。インプラントは確かに入れ歯よりコスト面では患者様のご負担は増えますが 得られる人生における価値は それに十分見合うものと 確信しています。

ページトップ